秘水とアルミパウチ入り水素水の比較

水素ガス添加の水素水及び電気分解による水素水について

電子エネルギーのない水素ガスを水に混入させたアルミパウチ入り水素水もアルミ缶入り水素水も、充填後に殺菌していますので、シール製の悪いキャップから水素ガスが流出し、実際にはほとんど水素は含有していません。少量残留していたとしてもキャップを開栓したら瞬時に水素ガスはゼロになります。

結論から申しますと、効果はほとんど期待出来ません。また、殺菌の時にアルミが溶け出し、アルツハイマーの心配もあります。水素ガス添加の水素水及び電気分解の水素水とテクノス社の水素水の製法は全く違い、奇跡の泉のフンザ水の研究で有名な米国のフラナガン博士の製法とほとんど同一です。フラナガン博士の技術情報はインターネットで公表されています。

テクノス社のパテントの活水装置により、セラミックボールの主成分のケイ素がナノコロイド化し、活水装置の磁石で磁気を与えられたナノコロイドが体内で水に溶解した時に発生するケイ素ミネラル水の製造方法しかありません。高速で水を循環させると、セラミックボール同士が相互に摩擦しあって、ナノコロイド粒子(100万分の1ミリ粒子)が発生します。

タンクにセラミックボールを入れて置いただけでは、ナノコロイド粒子は発生しません。生のシリカは水に溶解しやすいが生のシリカを使用するとシリカの粒子は大きく有機物が付着しているので内容液は濁り味は良くありません。類似品としては水素水スティック方式がありますが、ボトル内で水素発生は確認できますが開栓すると水素ガスは瞬時に気化します。

最後に水素発生のケイ素・カルシウムの錠剤がありますが、錠剤の粒子は粗いので細胞に吸収されにくいです。

結論は効果があったかどうかが大切です。従って論より証拠で確認するしか検証できません。

秘水とアルミパウチ入り水素水の比較

エイチマイナス水素水(H-)である秘水と、水素ガスを水に添加しアルミパウチに充填した製品を比較しますと、味と機能性で秘水がはるかに優れています。
その理由は秘水は特許取得済活水装置を使用してケイ素のナノコロイド水を、非加熱無菌充填していますので、おいしさ丈けでなくケイ素が体内で溶解する時に活性水素が発生しますので効果が長続きします。著名人や有名企業の皆様の臨床データが多数ホームページに掲載されています。

これに対してアルミパウチ及びアルミ缶の水素水は水素ガスを水に添加して充填した後85℃の熱水でアルミパウチをドブ漬け殺菌(充填後殺菌)をする為にシール性の悪いキャップから水素ガスが流出します。仮りに水素が残留していたとしても開栓しますと、水素は物質の中で一番小さく軽いので瞬時に気化し殆んどゼロになります。充填直後はかなりの水素が確認出来ますがアルミ袋は無菌でないので、製品を充填後殺菌しませんとカビが発生することがあります。

アルミ缶入り水素水はレトルト殺菌(140℃殺菌)をしています。更に殺菌中にアルミが溶けてアルミ臭がします。アルツハイマーの危険性があります。詳細は添付資料を見て下さい。
※フラナガン博士(米国)のフンザ水と同一効果があります。フンザ水についてはインターネットで(http://urx.mobi/zu9n )公開されていますので検索して確認下さい。